SEO

文字数の多いコンテンツを作成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
原稿量とSEO

文字数はSEO対策に関係がないと言われていますが、しかしジ実際には関係しています。

どういうことかというと、この文字数が関連しないという情報を信じて運営していた時期も弊社にはあったのですが、実際に文字数を無視していた時よりも文字数を意識していたときのほうが効果を出すことが出来たのです。

ただ、その文字数の使い方にも注意点がありそれらをしっかりと理解して対策を行うことで、本当に効果的なホームページ制作になります。

今回は文字数の多いコンテンツ作成が成果を出すことについてご紹介をいたします。

SEOなら文字数が大切

SEOと文字数の関係

まず、基本情報として理解していただきたいのが、SEOで考えればですが、文字数はSEOと密接にかかわっております。

どういうことかというと、基本的には文字数の多いページをしっかりと作成することで、そのページが上位表示できるようになります。

そしてさらには、この文字数が多いページにおいてにおいて、御社が上位表示を狙っているキーワードに関連するテーマのページであれば、その上げたいキーワードでの検索順位が高まるのです。

実際に弊社においては、この関連する記事をしっかりと書き続けることで、検索順位を上げており、実際に文字数のあるページを量産しているブログでは、かなり難易度の高いキーワードであっても結構すんなりと上位表示をしているのです。

もちろんそれ以外の対策もある程度はしているのですが、しかし突出すべきは文字数の多いページが多いことであり、文字数はSEO対策において非常に大切なものになっています。

ただ文字数が多いと読みづらい

文字数が多いページは読みづらいこともある

ただし、自分で調べ物をしているときに思うのが、確かに文字数が多くて良いと思うこともありますが、逆に文字数が多すぎて読む気がしないということもあります。

このバランスが非常に難しいので、成約率を検討している場合においては、実はそれほど文字数を気にしないという選択もあると思っております。

確かに文字数はSEOに効果的で、弊社のブログですが、初心者にやさしい大阪のホームページ制作会社のブログにおいてはほとんど被リンク対策をしていない(2つしかしていない)にもかかわらず、最低限の訪問者を集めていることを考えると、かなり文字数を意識することは大切だと思います。

また、弊社ではSEO対策の提案やサポートなども行っているのですが、被リンク数が0や1の状態でも成果を出している会社さまもいらっしゃります。

このことからSEOにおいて大切にはなるのですが、しかし、成約率と集客力は別問題です。

集客力が高まれば成約率が落ちるということはないにしても、あまりに文字数が多いとそのページを読みたいと思わないような、軽い気持ちの訪問者に対して御社の特徴を伝えきれるということがあまりないので、そういった場合は画像などをふんだんに使ったページのほうが効果的な場合もあります。

そして、これらを最適化する唯一の施策というのが実は、テキストばかりのコンテンツと画像中心のページを分けることになっていて、このテキストばかりのページにおいても、しっかりと打ち出して、SEOで成果を出し集客する、そしてその集めた訪問者を内部リンクを使ってビジュアルのページへと素早く誘導していくことで、御社のホームページは飛躍的にその効果を高めるのです。

この手法は現在一般的で、当然文字数の多いページを作成することは相当な運営努力が必要になるのですが、しかししっかりと行っていき、内部リンクを行って成果を出している会社さまのホームページは多くあります。

そしてこれらを徹底して行うことで、集客と成約のバランスが取れたページ作成ができるので、本当に成果を出せるホームページ制作になるのです。

この考え方は現在多くのホームページが行っていることもあり、特に集客面でさらに言えばSEO対策で言えばライバルとの競争になっているので、極端に言えば明日より今日から記事作成を行っていくことが大切になっています。

そしてこれらを徹底していくことで、御社のホームページは本当に成果を生み出せるようになり、期待以上の成果を出せるようになるのです。

文字数が多いページの作成の注意点

文字数が多いページ作成の注意点

そしてこの文字数が多いページを作成する際に注意点がいくつかあります。

それは、他のホームページからはもちろんですが、原稿を他のページからコピーしてはいけないということです。

どういうことかというとグーグルは非常に原稿のコピー作成に厳しいものになっていて、コピーを見破られてしまうと、コピー元のホームページあるはコピー先のホームページのどちらかが検索結果から除外されてしまう恐れがあります。

そしてさらに言えば、自分のホームページからのコピーであれば、自分のホームページの検索順位を著しく落としてしまう可能性があること、他のホームページからのコピーの場合はグーグルがオリジナルだと判断した側と反対側のホームページの検索順位を大きく落としてしまう恐れがあるのです。

そしてこの原稿のコピーは結構な頻度で見破られることが多く、見破られてしまうとマイナス評価を受けるホームページになってしまいます。

そうなってしまうとせっかく作成したページ自体が意味のないものになるので、これらはできる限り回避したほうが良いと思われます。

また、逆SEOとして他のホームページのコピーも辞めたほうがよく、グーグルの判断はグーグル次第になるのですが、基本的には公開日自体はグーグル側に保管されているので、著作権の関係から訴えられてしまうと非常に面倒なものになるのです。

そのため、原稿作成は本当に大変ですが、さらに文字数がいるとなると、相当大変なものだとは思いますが、しっかりと自分自身の言葉で1ページ1ページ丁寧に作成していくことが重要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る