SEO

スタッフブログのレイアウトを変えるのはリスクが高いかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スタッフブログのデザインとホームページのデザイン

弊社のホームページでは、現在、本体のホームページとは別のデザインで制作しております。

その理由は、SEO対策になっているのですが、最近SEO対策をしていて思うのが、ホームページと同じテンプレートのページを新規作成したときの効果と、スタッフブログを更新したときの効果が異なるように思われます。

そこで今回は、スタッフブログとホームページ内のコンテンツでどちらを更新する方が良いかの指針のための、実際の事例をご紹介いたします。

ユーザのことを考えてデザインを分けた

ユーザのためにホームページとスタッフブログのデザインを分けた

まずスタッフブログは以下になります。

大阪のホームページ制作会社のスタッフブログ

こちらのスタッフブログでは、ロゴをクリックしてもらえれば分かるように、ホームページのデザインとは変えて、テキスト中心のホームページになるので、コンテンツ幅を広めにとって制作をしております。

これはすべてユーザのための対策になっており、ユーザがそれの方が見やすいと判断をして、そのようなホームページ制作法を行ったのですが、実はこれが現在のSEO対策においてはあまり効果を得ていないような気がします。

弊社は大阪のホームページ制作会社なのですが、なぜそのようなSEO対策を気にするかと言うと、弊社のお客さまの大半がSEO対策を希望されるためであり、ホームページ制作会社と言えども、SEOの知識をしっかりと持ってホームページを制作・運営していくことが大切になっています。

そして、ユーザのためのスタッフブログを制作して、更新をしていると、明らかに効果が違う更新ページがあることに気が付きました。

ただし、SEO対策については、一部は公開されていますが、大半がグーグルしか知らないものになるので、たまたまかもしれないということだけはご理解をいただけましたら幸いです。

スタッフブログの更新は順位が上がらない

SEO上がらない

まず、弊社のホームページでは作成したページが結構狙ったキーワードで上位表示することがあるのですが、トップページの検索順位が中々思うように向上しておりません。

そのため、メインとなるのはトップページのSEO対策になっており、このトップページの検索順を見てみると、実はあまりスタッフブログの更新が意味がないように思われます。

その理由として、実際に主要なキーワードでの検索順位を見ていると、あまり変動がないということができる結果になっています。

ただし、トップページの検索からの訪問者数を見てみると、確かに増えてはいるので、それなりの効果を出しているとは思われますが、しかし肝心なキーワードでの上位表示ができていないので、弊社としては訪問者だけ増えてお意味がないと思っております。

成約率の低いキーワードが増えた

成約率の低い流入キーワードが増えた

そしてこのデザインの異なるスタッフブログの更新作業では、主に成約率が低いキーワードでの訪問者数が増えていました。

この訪問者数と言うのは、もちろん記事ページなどではなく、トップページに限定したものになっていて、現在の弊社のホームページにおいては、確かにスタッフブログの運営だけでさまざまなキーワードでの順位が向上したと思われます。

しかし、実際には狙ったキーワードでの上位表示ができていないため、お問い合わせ数が増えたかと言うと増えておらず、今後は狙ったキーワードでの上位表示を行い、お問い合わせ数を増やすことを考えなくてはならないのです。

試しにFAQでページを作ってみた

FAQを更新してみた

そしてスタッフブログの更新はあまり意味がないなと考えていても結果が変わらないまた最悪のケースでは落ちるだけですので、一度FAQで新規ページの作成を行ってみました。

そうすると1週間後くらいに少し狙ったキーワードでの上位表示ができており、このスタッフブログと何が違うかを考えて見たところ、デザインの仕方が違うくらいしか思いつかなかったのです。

現在のグーグルはCSSやJSなどのソースコードも見ているので、おそらくトップページと共通のCSSやJSを使っていることで、ホームページの評価を高めているのではないかと考えており、それが検索結果に反映されたのではないかと思っております。

また、更新時のルールはスタッフブログと同様のものになっているので、おそらくはデザインの差で効果が変わっているのではないかと思っております。

ただし全体も見ている

ホームページの全体を見ている

ただし、その際に注意点があるのは、同じCSSを利用しているページであれば良いのかと言うと、そういうわけではなく、全体的にバランスよく更新を行うことが大切だと思います。

現在のグーグルは、ホームページの更新頻度も意識しており、もちろん多すぎてもダメですし、少なすぎてもダメなので、例えばページ作成は週1ページなどと言うように定めて運営する必要があります。

確かに、御社が狙うキーワードで1ページ目のホームページよりも明らかにページ数が少ない場合においては、とにかく更新頻度を意識していかないといけないのですが、そうではない場合においては、一気に上げることよりも予約投稿機能などを使って、少しずつ上げていったほうが良いのです。

これらをしっかりと行うことで、ホームページの成果は飛躍的に高まり、御社の期待を超えるくらいのホームページへと成長するのです。

SEOの成功法はない

SEOに成功法はない

今回はスタッフブログの更新における検索順位についてご紹介をいたしましたが、実はSEOには成功法がないので、弊社のホームページの場合はこうであっても、御社のホームページでは違った結果になることがあります。

ただし、1つだけルールがあるとすれば、それはライバルサイトと同じくらいのページ数であることになっており、ここから先の成功法は存在しません。

ただ、1つだけあるとするならばそれは、程よい更新量になっており、これらをしっかりと行うことで、ホームページの成果は飛躍的に高まっていきます。

SEOには成功法がないと理解したうえで、これらを参考に御社のホームページの更新業務を行うことで、必ず成果が向上していきますので、ぜひ自社のホームページの更新をされてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る