SEO

SEOのために新着情報を作成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
SEO効果が高まる新着情報

こちらは確証がないので、難しい範囲だと思いますが、弊社ではSEO対策のために新着情報を更新しております。

基本的にはホームページにおいては、更新できるコンテンツはスタッフブログがあれば事足りるとは思うのですが、上位表示を狙っているキーワードによっては、ページ数が膨大でスタッフブログだけでは対応が難しくなっています。

そのため、競合他社よりもページ数を増やすことを考えなくてはならず、その施策として適しているのが新着情報になってきます。

ただし、この新着情報は基本的には質の低いページを量産する形になるので、しっかりと質を意識して作成していく必要があり、さらにはあまりページカウントとして役立たないがないよりもあったほうが良い程度に思っておいてよいと思います。

新着情報を制作しよう

新着情報の制作

新着情報は、ホームページのページ数の向上においてかなり効果的だと思われます。

しかし、闇雲に新着情報を制作しても効果がなく、しっかりと正しい理論で新着情報を制作して初めて成果を出すことが可能です。

上記はホームページ制作会社の新着情報になっています。

この新着情報を見ると、かなりの文字数があることが分かるように、ある程度文字数を意識することがSEO対策にとってベストな選択になっているのです。

ただし、SEO対策においては、そのページのタイトルに関する情報という条件が付いており、この条件を達成して初めて成果が出ると理解をしていく必要があります。

文字数が少ない記事ばかりを増やさない

文字数が少ない記事

新着情報と言うと、どちらかと言うと文字数が極端に少ないページをイメージしてしまうと思いますが、実はSEO対策を考えた場合には、できる限り多くの文字数を書いていくことが大切になっています。

どういうことかと言うと、新着情報であったとしてもページであることは変わりがありません。

そのため、そのタイトルに対して他のホームページよりも詳しい情報を記載することで、グーグルは御社のホームページを高く評価してくれるのです。

参考としては先ほどのホームページ以外にもWeb制作系の上場企業の新着情報を見てみると良いでしょう。

これらの会社はかなり新着情報をしっかりと記載しており、そのページのタイトルに対して関連する情報に限定をしてできる限り多くの文字数を記載しております。

これは非常に効果的な施策になっているので、御社のホームページでも同様の施策を行うことで、ホームページの成果は飛躍的に高まっていくのです。

ライバルよりも多くの更新を

ライバルサイトよりも多くの更新

そして新着情報は比較的原稿が書きやすいコンテンツになるので、更新頻度を必ず意識しなくてはなりません。

この更新頻度は一般的には、ライバルよりも多いことが大切になっており、例えばゴールデンウィーク休業と夏季休業、年末年始休業だけでも1年に3ページは作成することが可能になっています。

もちろんこの3ページ以外にももっと多くの新着情報を公開することが大切になっており、とにかく何かちょっとしたネタがあれば必ず新着情報を更新すると良いでしょう。

ただし、その際に2点大切なことがあり、打ち出しても全く価値がない情報は除外することと、1ページの文字数を関連する内容でできる限り多くすることが大切になってくるので、これらをしっかりと理解したうえで、定期的な更新業務を行うことで、御社のホームページはその効果を飛躍的に高めることが可能なのです。

更新コンテンツとのバランス

ホームページのバランス

そしてこの新着情報については更新がしやすいからと言って、新着情報ばかりを更新していてはいけません。

しっかりとホームページ制作会社が作成してくれたSEOに効果的なスタッフブログやコラムなどのコンテンツをメインとして、そのネタが切れた際のサブとして新着情報を利用すると良いでしょう。

このサブとしての新着情報の更新をすることで、ページ数が増えること、そしてホームページ全体の文字数が増えることから、御社のSEO効果は向上あるいは横ばいにすることが可能になります。

一般的にそこそこ難しいキーワードで上位表示をしているホームページはしっかりと新着情報の詳細ページを作成しているので、御社もそれにならってしっかりと新着情報詳細ページを作成することで、ホームページの検索順位は少しずつ向上していき、期待以上の成果を得ることが可能になるのです。

新着情報でSEOをしよう

新着情報でSEO

新着情報は非常にSEO対策に強いものになっていると弊社では考えています。

そのため、新着情報をしっかりと制作することで、本当に効果的なホームページ制作が可能になり、御社の期待を超えるSEO効果まで成長する恐れがあります。

実際に弊社のクライアントさまの中には、ホームページ内のSEO対策については、新着情報の更新、外部はフェイスブックの更新しか行わないで成果を出している企業さまもいらっしゃいます。

おそらくその会社さまの例が多くの企業が求めるホームページの更新量になっていると思いますので、御社もこの更新を目指してしっかりと新着情報を更新して検索順位を上げていかなくてはなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る