SEO

SEOならよくあるご質問が良い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
SEOならよくあるご質問

SEO対策ならよくあるご質問ページを作成することがお薦めです。

ただし、SEOで上げたいからすぐによくあるご質問を作成するのではなく、そのよくあるご質問でしっかりとページ作成が行えるかを判断してから制作することが重要です。

稀にあるのが、ホームページ制作会社からの提案だからと言って、取り敢えず制作はしてみるものの、いざ運営になると何を書いていいか分からないので、放置してしまうことになります。

こうならないためにもしっかりとよくあるご質問を作成することが大切になっており、これらを徹底して行うことで、ホームページの成果は飛躍的に高まるのです。

よくあるご質問の参考

参考になるよくあるご質問

こちらは大阪のホームページ制作会社セブンデザインのよくあるご質問になります。

掲載している内容としては、ホームページ制作、ホームページ運営、SEO対策、サーバー・ドメイン、その他の5つのカテゴリーに分かれており、さらにはそれぞれが詳細ページを作成しています。

基本的にはすべて自社のビジネスに関連する内容でよくあるご質問が作成されているので、非常に効率よくホームページ制作が行えていると思われます。

このようによくあるご質問では、しっかりとその会社のビジネスに関連する内容で、実際にユーザからの問い合わせに対して記事を作成することで、本当に効果的なSEO対策とすることが可能になっています。

当ブログもよくあるご質問

当ブログは大阪のホームページ制作会社にあるよくあるご質問

ちなみにですが、当ブログは、ホームページ制作会社によくあるご質問になっています。

基本的にはユーザからのお問い合わせ内容を現在は2社になりますが、お送りいただき、その内容での更新作業を行っています。

ただし、当ブログはイントラではありませんが、どちらかと言うとクライアントさまに見ていただく用のホームページになっていて、特に検索エンジンからの訪問者などは気にしておりません。

当ブログにおいては、ホームページ制作全般に関するよくあるご質問になっていて、これらの情報をまとめてタイトルを定め、公開することで、ホームページ制作後いチェックしていただくことが可能です。

そうすることで、ホームページ運営の中で質問があればわざわざホームページ制作会社に問い合わせする必要がなくなるので、よくあるご質問をお客さまのホームページ運営効率の向上のために制作運営しています。

SEOに効果的なよくあるご質問作成法

faqとSEO

では、SEOに効果的なよくあるご質問はどのようなものになるのでしょうか。

こちらについてはSEOが関わってくるので、一気に複雑化してしまうのですが、以下のポイントが大切になってきます。

画像を利用する

まず初めに、よくあるご質問だからテキストだけで良いと考えてしまいがちですが、そのようなことはなく、しっかりと画像を利用していく必要があります。

現在のSEOは非常に複雑なので、誰も正解が分かっていませんが、弊社で考えるに、グーグルはまだJPBやGIF画像の中身までは把握していませんが、しかし画像が利用されているというのは認識できていると思われます。

そのため、全く関係のない画像は問題外ですが、イメージ画像などをしっかりと使うことで、そのホームページのSEO効果を高めることが可能になるのです。

この作業は本当に大変で、当よくあるご質問サイトにおいても、画像を利用しているのですが、1記事作成するのに、記事作成が6だとしたら画像の貼り付けが3、SEOに大切なタグ入れが1と言う感じの時間配分になっています。

内部リンクの掲載

次に内部リンクはできればしっかりと張ったほうが良いものになっています。

この内部リンクについては、もちろんユーザを誘導するために、関連するページへの内部リンクになるのですが、グーグルもこの内部リンクを使ってその他のページへと移動しています。

そのため、しっかりと内部リンクを張ることで、そのホームページはより効果的なものになって行くので、リライト段階でも構いませんので、しっかりと内部リンクを設置することで、ホームページの成果は飛躍的に高まります。

被リンクは最低1本

そしてよくあるご質問の記事を作成したら、自分が運営するブログなどから被リンクを1つでも良いので行うようにしましょう。

被リンクがないとグーグルはページをランク付けできないものになっているので、しっかりと1つで良いので被リンクを行うことで、SEO効果を最大化することが可能になります。

ただし、この被リンクについては、現在非常に難しいものになっていて、過剰におこなったり、唐突にリンクがでてくるなどの場合は、スパムとされてしまうので注意が必要です。

文字数もある程度は意識

そして最後に文字数が関係しています。

この文字数は非常に大変な作業になっており、弊社で定める文字数は2,000文字になっています。

しかし、2,000文字を書いた場合のSEO効果は非常に高いものになっているので、しっかりと2,000文字の原稿を量産していくようにしましょう。

これらのルールを守り、しっかりとSEO対策を行うことで、御社のホームページの検索順位は少しずつ上がっていき、期待を超える成果を出せるようになります。

SEOならよくあるご質問を制作しよう

SEOに効果的なFAQを制作しよう

これからSEO対策を行うや、ホームページ制作を行う方は、是非よくあるご質問を制作して、運営するようにしましょう。

これらをしっかりと制作し、運営することで、必ずホームページの成果は高まっていきます。

よくあるご質問の更新は確かに非常に時間がかかるモノですが、必ずどこかのタイミングで一気に検索順位は高まります。

大変な作業だと思いますが、しっかりと計画建てて行うのが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る