SEO

SEOに終わりはない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
SEOに終わりはない

ホームページ制作をしていると、多くの方がSEOなどを使った集客施策を行っています。

そしてこのSEO対策においては、もちろん弊社では、目標となる数値を出してSEO対策を行っていただくのですが、この目標となる数値を超えればそこでSEO対策は終わりではないのです。

もちろん作業量は激減して問題ないのですが、しかし、目標をクリアーした後もSEO対策を続けなくては成果が落ちてしまうのです。

今回はSEOに終わりがないという点をご紹介させていただきます。

SEO対策とは

SEOとは

弊社は大阪でSEOを提供しています。

このSEOを最近は減りましたが、まだまだ魔法のような施策だと思っている方も多いのですが、このSEOにおいては魔法でも何でもなく、ライバルよりもグーグルから評価されるホームページにすることが大切です。

基本的にはライバルがいないキーワードであれば、ホームページを制作しただけで成果を出すことが可能なのですが、しかしライバルが存在する以上は、それらのライバルよりも高いSEOの点数を出すことが必要になります。

このライバルよりも高い点数とするためには、被リンク対策と新規ページ作成になっており、主に多くのホームページが上がらない理由は被リンク不足になっております。

そしてこの被リンクは理想で言えば自動で集めることが大切ですが、しかし実際には自動で被リンクが集まるということはないので、自分で被リンク対策を行う必要があるのです。

そしてこれらを行い続けたホームページが成果を出せるので、しっかりと御社もこれらを理解して対策を行うことでSEOは飛躍的にその効果を高めることが可能なのです。

SEOを辞めると順位が落ちる

SEOを辞めると順位が落ちる

弊社ではSEOを行う際に、いくつページを作成して、いくつ被リンクを集めるという目標値を定めています。

この目標値においては、実は相当大切な指標になっており、弊社で定めた数値に行く前に成果を出しております。

そして稀にいらっしゃるのですが、目標値までは相当大変な作業を行っているにも拘らず、そこでSEO対策を辞めて一気に順位を落としてしまうホームページがあり、これらはSEO対策を辞めてしまったことが原因になっています。

基本的にはグーグルはその時々で、ユーザに対して最適なホームページを公開しており、そしてそれらを行うことこそがSEOに大切な要因になっているのですが、その作業を辞めると一気に順位を落としてしまいます。

SEOをやらなくても上がっているホームページは確かにあるのですが、それらは大半が被リンクに頼ったSEOを行っており、この場合においては、被リンク元のホームページがしっかりと運営されているという優位性があります。

そのため、確かに上げる時よりも作業量は少なくても良いのですが、上げるためにしっかりと対策を行い続けることこそが、SEOにおいて大切になっていると理解をして、継続したSEO対策を行うと良いでしょう。

この継続したSEO対策においては、実はそれほどの作業量ではなく、例えば帆―ページの更新を週に1度は行うや、被リンクサイトは月に1ページの更新は行うなどのルール決めを行うことでホームページの成果は保つことができるのです。

もちろん上げるときからこのようなルールで運営していては、実際に順位が上がるまでに相当の期間がかかるので、倍以上の作業量で行うことが重要ですが、上がってしまえば、そこまで大変ではないので、しっかりと行うようにしましょう。

ユーザのためのホームページにすることがSEO

SEOとはユーザのためのホームページ制作

SEO対策の基本になるのですが、ページ作成においても、被リンクにおいてもユーザのために対策を行うことが大切です。

このユーザのためにが非常に難しいものになっているのですが、しかしユーザのために行っていない被リンクをどんなに行っても効果を得ることができないのです。

基本的にはグーグルはユーザの方を向いて検索順位を決めているので、御社のホームページや外部のホームページもユーザのために制作されていると必ず成果を出すことが可能です。

実際に弊社がホームページ制作やSEO対策を行っている限りで言うと、ページ作成はもちろん、被リンクもユーザのために行うことで、少ない数で成果を出すことが可能になっています。

ユーザのために新規ページ作成や被リンクは難しいモニになっており、特に被リンクは注意が必要になるのでしっかりとユーザのための被リンクを行うようにしましょう。

そして一点だけお伝えすべきポイントは、被リンクは自演の被リンクは駄目などと言われることはありますが、この自演については、1ページにいくつも自分のホームページへとリンクを張ったり、作成する記事すべてのページからリンクを張ることが駄目で、しっかりとユーザのために記事を作成して、関連する記事から関連するページへとリンクを行うことは問題がありません。

これを理解するだけでも相当SEO対策は進むと思いますので、基本的にグーグルが駄目だと言っているのは被リンク目的のサイトだと理解をして、外部のホームページにユーザのための被リンクを付けることで、御社のホームページの成果は飛躍的に高まります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る