SEO

サテライトサイトの扱い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
サテライトサイトの制作

弊社ではドメインがいくつか契約しっぱなしの状態のものがありましたので、そのドメインを利用してサテライトサイトを制作しました。

そしてそのドメインのサテライトサイトでは、旧ホームページのデザインのサイトになっており、このドメインのサテライトサイトについては、結構安易に旧デザインのホームページをアップして、そこからリダイレクトでもしておけば、SEO効果が少しはあるかなと言う安直な考えで実施しました。

そしてそのサテライトサイトの効果はどのようなものになったのでしょうか。

今回は弊社が運営管理するサテライトサイトの使い方とその効果についてご紹介いたします。

ホームページ作成 大阪|セブンデザイン

ホームページ作成 大阪|セブンデザイン

ホームページ作成 大阪|セブンデザイン

こちらが弊社のサテライトサイトになっています。

基本的には原稿などは使い回しているのですが、余っているドメインだったので、安直に古いホームページのデータをアップして保管しておこうという理由から公開をしております。

もちろん、このサテライトサイトを制作するときに、成果を向上させようというものではなく、どちらかと言うと、被リンクを少しでも本体のホームページに送れればいいな程度の気持ちで制作をしておりました。

そしてその結果どうなったかについてをご紹介いたします。

リダイレクトすると本体サイトのSEOが落ちる

リダイレクト

まず基本的には公開している内容と、本体のホームページの内容がイコールの関係にあったので、当初はリダイレクトを行い、該当ページから該当ページに転送をかけておりました。

リダイレクトは非常にSEOに影響が多いので、ホームページ制作段階でもかなり意識をして対策をしているのですが、それでもこのような結果になったのには少し驚きました。

リダイレクトをしてみると、一気に本体のホームページの検索順位が落ちた結果になってしまい、すぐにリダイレクトを辞めて運営をしておりますが、このリダイレクトができないというのは大きなマイナス要因だなと弊社では考えています。

仕方がないのでカノニカル

カノニカル

そしてリダイレクトができなかったので、弊社では取り敢えずカノニカルによるURLの正規化を行いました。

このカノニカルを行うことで、検索結果ページに表示されなくなると思っており、最初は全ページのカノニカルを行ったのですが、現在はトップページを除くすべてのページでのカノニカルにとどめております。

その理由は弊社のホームページのトップページは完全に別の内容で記述しているためであり、現状別の内容であれば、特にカノニカルを行う必要がないと判断をしたのです。

もちろん中ページについてはすべて該当するページへのカノニカルを行っており、これにより、それぞれのページの被リンク効果を新サイトに移行させようと考えたのです。

しかし、古いホームページについては、実は良質な被リンクも中にはいくつあるのですが、大半が質の低い被リンクになっており、しかも大半がはてなブックマークからの被リンクになっております。

もちろんはてなブックマークはおそらくSEO効果があると判断しても良いと思いますが、しかし過剰につき過ぎている点など、問題のある施策が行われているので、あまりリスクを考えると辞めたほうが良いかもしれません。

現状で言えばですが、トップページは特に指定せず公開していて、一本だけ本体のホームページへと被リンクを掲載、中ページについては、すべてカノニカルを行い、本体のホームページの該当ページへと設定している状態ですが、この施策を行った後に思っているのが辞めるに辞めれないという点になります。

基本的におそらくそこまで効果がないと判断していいと思っているのですが、しかし、これらの対策を行った以上は、カノニカルやリンクを外すことはリスクでしかないのです。

そのため、弊社ではこのドメインを廃止したいと考えておりますが、現状ではSEO対策作業中になるので、廃止するわけにもいかず、取り敢えずはしばらくは放置してホームページ制作フェーズでの削除を考えております。

被リンク目的のサテライトサイトは、本当に難しいものになっていて、グーグルは被リンクを行うと確かに価値が上がることもあるのですが、しかし外すとその価値がどんなに小さいものであっても大きく順位を落とすイメージがあるので、しっかりと対策をしていくことで、本当に効果的なホームページ運営になります。

サテライトサイトは計画的に

サテライトサイト制作は気を付けよう

上記が弊社のサテライトサイト運営になっており、これで言えることは、基本的には思い付きで対策を取ると必ず後から後悔するということになります。

実際に価値がないものに対して毎月サーバー代やドメイン代の支払いが発生しているのですが、しかし現状でこれらのドメインやサーバーの契約を辞めるという選択はできません。

ただ、現状ではSEO対策中になるので、取り敢えずは放置しますが、追々はこのドメインを廃止させて、より良いホームページ運営を行おうと思っております。

これらを徹底することで、ホームページは期待以上の成果を出すことが可能ですので、サテライトサイト制作をご検討の方は最新の注意で対策を取ることがお薦めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る