web制作

各ページの文字数について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
各ページの文字数

ホームページには文字数は関係がないと言われています。

しかし、本当にそうでしょうか。

確かに文字数が関係がない理由も十分に分かるのですが、しかし、実際にSEO対策を見ていると、文字数が多いブログなどを制作しているホームページが上位表示できていることがあるのです。

そのため、文字数は関係があると判断していいと良いと思いますが、ただしすべてのページではなく、それぞれのページに対して検討することが大切になります。

今回は各ページの文字数についてご紹介をいたします。

トップページ

トップページの文字数

トップページはすべての企業が上位表示したいページになると思いますが、実はさほどトップページの文字数はSEOと関係がないとみています。

それは実際にSEO効果向上のためにお客さまの要望で1000文字から10,000文字に増やしたホームページがあったのですが、その効果はまったくと言っていいほどなかったということが可能です。

そのため、実は文字数はさほど大切なものではなく、それよりもしっかりとユーザにとって魅力的なトップページにすることが重要になっています。

そうすることで、トップページの成果は飛躍的に高まるので、トップページは文字数がさほど関係ないと理解をして対策を行うことでホームページはより効果的なものになるのです。

ただし、だからと言って文字数がほとんどないページを作成しても成果を得ることができませんので、ある程度ライバルサイトの平均くらいの文字数にすると良いでしょう。

カテゴリーページ

カテゴリーページの文字数

次にカテゴリーページですが、こちらについても同様に少量の原稿で良いものになってきます。

カテゴリーページに大量に原稿を入れていくと、グーグルはそれがカテゴリーページではなく記事ページだと判断してしまうので、あまりSEOとしては得策ではないのです。

ただし、カテゴリーページに原稿が一切ないというのはSEO的にマイナス要因になってくるので、しっかりと適切な文字数で対策を行うことでホームページのSEO成果は大きく向上いたします。

サービス・商品ページ

商品サービスページの文字数

サービスや商品ページについては、文字数についての言及はありませんでしたが、そこまで多くなくてもよく、さらには他のサービスページと文言やテンプレートが多少重複していても問題がありません。

これはグーグルがサービスや商品ページをしっかりと認識しているためであり、メーカーのホームページであれば、Aと言うカテゴリーの製品群はほとんど原稿が同じで、サイズだけが異なるということがあるのです。

このような場合でも適切に認識できるようにしなくてはならず、これらをしっかりと行うことでホームページのSEO効果は飛躍的に高まります。

ただし、それぞれの製品に対して少しでも構いませんので、オリジナルのテキストを入れるとより効果的なSEO対策になります。

記事ページ

記事ページの文字数

ブログなどの記事ページについては文字数を意識すると良いでしょう。

グーグルは記事ページをしっかりと記事としてみなしているので、しっかりとした原稿量で記事を作成していくことで、ホームページの成果は飛躍的に高まっていくのです。

この記事数と1記事あたりの文字数は現在のSEOにとって非常に大切で、そしてさらにはその量にプラスアルファで質が大切であると言われています。

この質については、非常にあいまいなものになっているのですが、基本的には画像を利用すること、強調タグを利用すること、そして内部リンクを掲載することのポイントを抑えて制作することが大切になってくるのです。

ただし、当然のことですが、誤字脱字は絶対に行ってはいけないものになるので、しっかりと誤字脱字のチェックだけは行うようにしなくてはなりません。

それぞれのページで最適な文字数を

最適な文字数

現在のSEO対策は何が正しくて何が不正解なのかがまったく分からないものになっています。

ただ、共通してすべての方、あるいは会社が言っているのはユーザのためのページ作成になっており、これらをしっかりと行うことで、ホームページの成果は飛躍的に高まっていきます。

とにかくユーザのことを考えることは基本ですが、そのページを見た人が新たに自分の検索キーワードに対してより良い情報を得ることができるようにすることで、ホームページの成果は飛躍的に高まっていくのです。

例えばトップページがSEOにおいて大切だからと言うご質問をよく受けることがあるのですが、そのための方法としてトップページの文字数を10,000文字にしようとされる企業さまがいるくらい、現在のSEO対策は謎めいております。

たまたま、弊社が何度か実験がしたことがあったので、そのトップページの10,000文字は何とか回避することができましたが、しかし、別のホームページ制作会社では行った可能性は十分にあると思います。

現在のSEOは文字数が大切や被リンク数が大切などの様々な情報が出回っておりますので、これらのテクニックを学ぶことは確かに大切ですが、それ以上にホームページをユーザのために制作していくことが大切になっております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る