web制作

ホームページのページ数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ホームページのページ数

SEO対策をしているとホームページのページ数を何ページ作成すればいいのかという悩みを持つ方が多いです。

そしてホームページだけではなくさらにはサテライトサイトなどを制作している場合も同様であり、そしてページ数を言われると多ければ多いほどいいのですが、これだと永遠に更新を目標値もなく行い続けないといけないのかとなるので、ある程度の目標値が必要になると思います。

そこで今回は御社が管理しているホームページの目標となるページ数についての考え方をご紹介いたします。

狙ったキーワードでSEOしているホームページのページ数

SEOで成功しているホームページのページ数

まず最初に数値データとして把握するのが、御社が狙う難易度の高いキーワードで1ページ目に入っているホームページのページ数になります。

このページ数では、一般論ですが、300ページくらいあれば安全で、さらには被リンク数が少なくても対応することが可能です。

なぜ300ページかというと、現在の検索順位においては、意外と企業サイトだけではなく、キーワードによってはブログがランクインしているのです。

そして企業サイトだけであれば、100ページ程度が数値として出てくることが一般的なのですが、しかしそれではブログサイトに太刀打ちができないので、大体300ページくらいを作成いただいております。

この300ページについても大体弊社でこれまでの経験で目標値にしている数値になっており、実際には調べてみないと何とも言えませんが、御社が狙っているキーワードで上位表示しているホームページにブログがある場合は、膨大な量の記事数を書いています。

そしてもともとはこのブログサイトを省いで考えていたのですが、しかし実際には、このブログサイトを含んだほうが、より効果的なホームページになることが多いので、現在ではそれらを含んだ数値でお客さまにページ作成をお願いしています。

予約投稿の頻度

予約投稿のページ数

そしてこれはページ数とは言えないかもしれませんが、予約投稿をしていくことが現在のSEOにとっては大切なので、しっかりと予約投稿を行います。

この予約投稿を行うことで、ホームページの更新頻度が保たれるのでSEOとしては非常に効果的なものになっています。

これはどれくらい大切かというと、実際に弊社も行っているのですが、まず検索順位が安定してあるキーワードで上げるための対策をしていると、他のキーワードで落ちることもあるのはありますが、しかし落ちると言っても落ち方が本当に緩やかなものになっています。

そのため、現在のSEOにおいては、この予約投稿を駆使することは本当に大切になっていて、しっかりとこれらを行うことで御社のホームページの成果は飛躍的に高まるのです。

現在のSEO対策を行っていてこの予約投稿は非常に大切だと思っており、予約投稿を行って、ライバルサイトよりも更新頻度を高めることで、御社の検索順位は飛躍的に高まっていきます。

そのため、大体で構いませんので、ライバルサイトの更新頻度を確認して、そしてその更新頻度以上の頻度で御社のホームページを運営していくことで期待以上の成果を出せるようになります。

ただし、この更新頻度は上げるためというよりも上がった後に落ちないためということになるので、基本は目標ページまでページ作成を行って、それから予約投稿を使って更新頻度を保つのが良いでしょう。

ただ、この更新頻度対策は本当に手間のかかるもので、さらにはせっかく記事が完成したのであればすぐに投稿したいと思うことがあるのですが、それは更新頻度を保つためにしっかりと未来の日付での公開をするようにしましょう。

実際に弊社でも、スタッフブログ|ホームページ作成 大阪|株式会社セブンデザインで予約投稿を行っており、これらの効果か、非常にSEOで評価されていて1日当たり50人ほどの訪問者を集客することに成功しています。

サテライトサイトのページ数

サテライトサイトのページ数

そして次にサテライトサイトのページ数はどれくらいがいいのでしょうか。

これについてはどのホームページも感覚的なことがかかれていて、5ページあればいいというホームページもあれば、20ページ必要だというホームページもあります。

このサテライトサイトで成果を出すことを考えた場合に大切なのが、基本はページ数ではなくそのホームページのSEO状況になっていて、SEO状況が非常に良いサテライトサイト制作であれば、5ページでも良いですし、逆に5ページで成果が出せないようであれば、20ページ以上が良いというようになります。

そしてこれらだと実際に弊社もそうですが、このSEO状況は数値化されるものではないので、実際に何ページが良いのかが分からないものになっています。

そのため大体ですが、5ページで成果を出すことは難しいと考えているので、弊社では20ページ以上を制作すること、そして予約投稿を使ってホームページ運営の中でページ数を増やすことを推奨しています。

そうすることで大体ですが、マックスで1年後の記事数は68記事になりしっかりと原稿を書いていれば、68記事もあればそれなりの成果を得ることが可能になります。

ページ数の考え方は本当に難しいものになっていますが、しっかりと目的ごとに最適なページ数を考えて対応をしていくことで、本当に成果の出るホームページになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る