SEO

更新頻度とSEO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
更新頻度とSEOの関係

SEO対策について勉強をしていると、ホームペーの更新頻度もSEOにとって大切だと言われているのを見たことがある方は多いのではないでしょうか。

実はこの更新頻度の考え方については、少し注意点が必要になっていて、更新頻度が大切だからと言って闇雲にページを更新し続けても効果が出ないのです。

そこで今回は実際に多くのホームページでSEO対策を行ってきた弊社が考えるホームページの更新頻度の考え方をご紹介いたします。

更新頻度に当てはまるモノ

更新に当てはまるもの

まずホームページの更新頻度を考えた場合に、1行の本文を変えたり、ですをますに変更したりしてもあまり意味がありません。

このような小さな変更はグーグルは更新頻度として見ておらず、どちらかというと以下のような場合に更新されていると気が付くようです。

まずしっかりとした原稿量のページを追加したときがあり、これらのページの追加はグーグルは高く評価してくれます。

何文字あればいいというものではなく、ある程度の原稿料が豊富にあることあるいは、原稿が少ない場合は、そのページにしっかりと被リンクがついていることが大切になっていて、これらを徹底して行うことで御社のホームページは飛躍的にその効果を高めます。

次の更新としては、被リンクがつくことになり、おそらくこれまでの経験から言えば、ページを作成していなくても被リンクがついていれば、グーグルは更新されているホームページと見なしているようです。

そのため、例えばページを作成することと被リンク対策を行っている場合に、ページ作成を毎日行った後被リンク対策を行うことで、ホームページはしっかりと更新されている良いホームページであると認識をしてくれます。

そして最後に、ホームページの改定についてですが、実はこの改定は記述している内容が大きく変わらないと認識をしてくれません。

具体的に弊社がSEOに力を入れている会社さまのホームページの更新を行う際には、もともとの原稿量を調べて、その原稿量+500文字、あるいは減る場合は-100文字以内にすることを推奨しています。

当然これらは単に追記することも効果的ですが、減らす場合には、内容を変えれる箇所はしっかりと変えて行くことが大切で、これらを行うことでホームページの更新頻度は最適化され、期待以上の効果を生み出せるのです。

そして文字数を減らさない理由としては、気おhン的にはグーグルは文字数でSEO効果を決めていると考えているので、文字数を減らしてもキーワード比率が変わらなければいいのですが、しかし実際にはキーワード比率は異なってくるので、しっかりとこれらを対策してホームページを制作することが大切です。

更新の効果

効果的な更新

では、実際の話ホームページの更新で得られる効果はどのようなものがあるのでしょうか。

まず一つ目に上がった後に検索順位が落ちづらくなるというメリットが大きいと思います。

弊社で考えるに、この落ちないというのは非常に大切で、基本的にはグーグルは一切更新されていないホームページの検索順位を落としてきます。

そしてここで落とされないためには、単純にホームページの更新を行い続けることになっており、これらを徹底して毎日行うことで本当に成果の出るホームページになるのです。

そして基本的にはこの検索順位を落とさないために必要なのがページ作成と被リンクになるので、これらをしっかりと計画建てて行うとよいでしょう。

弊社のあくまで感覚ですが、大体ページ作成であれば、1日1記事追加していれば落ちない(週1記事でも可ですがそれは状況を見て判断)というものになり、被リンクについては、被リンク本数が1つと被リンクサイトの更新をしっかりと行うことが大切です。

基本的に最も楽なのが、自分のホームページ内の原稿作成であり、これであればある程度は原稿をある程度書いていくことができるので、短時間で効果的なホームページ制作が行えるのです。

ただし、被リンクが直接的に検索順位を上げる要因になっていること、そしてこの被リンク対策は本当に多くの時間がかかることなどもあるので、単にページ作成だけを行っていてもあまり意味がないのです。

そのため大切なのは基本維持のためにページをどんどん作成すること、そして順位を上げたいときあるいはホームページの更新ネタに困ったときに被リンク対策を行うことが大切になっていて、これらをバランスよくスケジュール通りに行っていくことで、御社のホームページは飛躍的にその効果を高めます。

ただし、この被リンクについては本当に終わりがないものになっていて、やり始めると本当に多くの時間を費やしてしまいます。

そのため専任の被リンク担当者がいる場合はいいのですが、そうではない場合はある程度毎日続けるようにして、代わりに一日の量はそれほど多くなくてもいいと思います。

確かに即効性はありませんが、そうすることで着実に御社のホームページの被リンク数が増えるので、次第に検索順位が高まっていくのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る