web制作

ホームページ運営で行うこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ホームページ運営ですること

ホームページ運営ではどのようなことを行うのが良いのでしょうか。

このホームページ運営においては、実は大きくとらえていくと、原稿作成を行い続けることになっており、さらには1コンテンツを作成するのにそんなに時間を掛けずに、当然質も大切ですが、量を意識していくことも重要になります。

基本的にはSEO対策について調べていると、とにかく質を高めることばかりが離されていることがあるのですが、確かに質は大切ですが、その前にしっかりと量を抑えていく必要があるのです。

そこで今回は、このホームページ運営で行うことについてご紹介をいたします。

ホームページ運営で行うこと

ホームページ運営とは原稿作成

弊社は大阪でホームページ運営サービスを提供しています。

ただこのホームページ運営においては目的によって異なってくるものになっているのですが、基本的にはその目的に応じた対策を提案したり代行したりするものになっていますが、多くのホームページではまだまだSEOが不十分であるため、アクセス解析を利用することは少なく、どちらかというととにかく原稿作成をしていただいております。

この原稿作成を行うことで、SEO対策で成果を出すというのが弊社の考えているホームページ運営のメインになっているのですが、これでSEO対策で成果を出していただければ、少しずつそのホームページは効果を出せるようになるのです。

そしてこれらの具体的にホームページ運営の中でどれくらいの原稿が必要になるかを出したうえで、お客さまにホームページ運営を行っていただくことで本当に成果を出せるようになっております。

新規記事の作成

新規ページの作成

まずホームページ運営と聞くと真っ先に思いつくのが新着情報や実績、ブログなどで新規記事を追加することではないでしょうか。

この新規記事の作成については基本的には、しっかりと対策を行うことが大切ですが、しかしどのような対策になるのでしょうか。

これは更新するコンテンツによって異なってくるのですが、まずは前提としてホームページのアドレスをSEOに最適化することや、メタディスクリプションを記述することなどは当然のように行っています。

そしてプラスして原稿量を検討しており、それぞれのコンテンツに対して最適な原稿量での記述を行うことで、ホームページの成果は最大化していくのです。

例えば文字数があまりないと思われる新着情報などにおいても、文字数は最低限気にしており、例えば今の時期だと年末年始休業のお知らせなどの原稿などを作成いただく際にも最適な文字数での原稿をご用意いただいております。

この新着情報はあくまで一例ですが、一般的に普通に書き込めば、200文字も行かないくらいのページになると思いますが、実はこれよりも1000文字作成したほうが良いということは言いませんが、しかし弊社では、500文字から800文字程度での作成をお願いしています。

どういうことかというと、あまりに文字数が多いとこれは新着情報なのかブログ記事なのかが分からなくなります。

逆に少なすぎると、ページを作成することに注力した質の悪いホームページだとみなされる恐れもあるため、基本的には弊社では500文字での原稿作成をお願いしているのです。

ここでなぜ500文字であると言っているかというと、これは経験則に加えて成功者が良く言っているという理由になっており、具体的な数値データを使った根拠はありません。

ただ実際に弊社は500文字の新着情報を大量に作成していることもあり、さらに弊社のホームページのSEOでは大体狙ったキーワードすべてで10位以内にランクインしていることもあるので、効果がないとは言い切れないのです。

そのため、それぞれのコンテンツには最適な文字数があると考えており、その文字数がいくらかと言い切ることはできませんが、しかしこれまでのホームページ制作実績やSEOで有名な方の記事や投稿などを見て該当ページに最適な文字数を提案しております。

被リンク対策

被リンク

そしてホームページ運営は単にページを作成するだけではなく、実は被リンク対策も行っていただいております。

この被リンク対策においては、本当にホームページ運営の大半の時間を奪われてしまうものになっていますが、しかしその効果は非常に高いものになっているので必ず行ったほうが良いものになっています。

これらを行うことは決して簡単ではありませんが、実際に弊社のホームページでも当ブログを利用して、被リンク対策をしているのですが、本当に多くのキーワードで順位を上げることに成功しているのです。

これはホームページに新規ページを作成するよりも効果的なものになっていて、反面時間のかかるものになっているので、毎日少しずつでも良いのでしっかりと行うようにしましょう。

ホームページの改定

ホームページ運営で改定

そして最後にある程度集客が成功していれば、アクセス解析グーグルアナリティクスなどを利用して、ホームページ内部の改善を行います。

このホームページ内部の改善については本当に大変ですがしっかりと行うことで御社のホームページは飛躍的にその効果を高めます。

ただし、複数回の修正が必要になる場合もあると理解をして、数ヶ月に一度しっかりと対策を行うことで、御社のホームページは期待以上の成果を得ることが可能になっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る