web制作

ホームページ制作料金は人件費

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ホームページ制作は人件費

ホームページ制作料金の大半は人件費になっています。

このホームページ制作の人件費は、実際に何の作業をどれくらいの時間行ったかで決まってくるものになっており、これらの人件費でのお見積りでは、お客さまは何が何だか分からないので、ページ単価に直しております。

そしてこのページ単価にしてしまうと、次に1ページあたりいくらと言う計算であれば、1ページに多くの情報を積み込めばいいのではないかと思ってしまいますが、実際にはそのようなことはなく時間計算されているので、量が増えればそれは2ページ分になるのです。

今回は分かりづらいホームページ制作料金について人件費であるとご理解いただくために詳しく解説をいたします。

ホームページ制作料金

ホームページ制作料金について

まずホームページ制作には人件費になります。

こちらは、ホームページ制作料金表のページになっていて、こちらを見てご理解いただけると思いますが、すべてがページ単価での表示をしています。

しかし、これは一般的な会社さまに見せるための料金表になっていて、実際には人件費で細かく出されているのです。

そのため、1ページ作成するためには誰がどれくらいの時間がかかるのかを想定した料金になっており、これらをしっかりと理解して対策していくことで、ホームページはより効果的なものになるのです。

今回はこの誰がどれくらいの作業を行うかについて知っていただくことで、ホームページ制作料金をより詳しく把握していただきます。

その他の雑費はわずか

ホームページ制作の雑費

基本的にホームページ制作料金は、人件費がメインになっていて、その他の雑費についてはわずかになっています。

その他の雑費については、主に、交通費や通信費、書籍代が主なものになっていて、これらの費用は1万円になるかならないか程度の費用になっています。

そのため、この費用についてはあまり考えないことが一般的で、それよりも大半を占める人件費をどう算出していくかを検討することが大切になっています。

ただし、案件によっては、訪問頻度が異常に高い案件などもあるのですが、そういった場合は、まずスムーズなホームページ制作を行う方法を検討して提案をし、そして次にそれでも改善ができなければ、別途費用がかかることをお伝えしております。

営業マン

営業マン

まずホームページ制作には必ず営業マンが間に入ってホームページ制作を行います。

この営業マンが間に入ることで、そのホームページの企画をしっかりと立ててくれるようになるので、非常に効果的にホームページ作成が行えるのです。

この営業マンの費用は非常に出しづらいものになっており、制作がスムーズで、そこまでの訪問頻度がない案件ばかりではないので、弊社では一律でホームページ制作費の20%としてお見積書を御提出しております。

この費用は大体他のホームページ制作会社も同じであると思われ、そこまで高いと言われることもなく、スムーズに受け入れてもらえるものになっています。

ただ、グーグル検索でこの営業の費用を見てみると高いところは本当に高い価格を取っているのですが、今後弊社でも明確な根拠があれば変更していこうと思っております。

ウェブデザイナー

ウェブデザイナー

ウェブデザイナーは、営業が作成したワイヤーフレームを元にワイヤーフレームの手直しと、実際のウェブデザインの作成を行っております。

この作業時間については、トップページが最も時間がかかり、トップページが決まれば中ページについてはさほど時間がかからないものになっています。

そして費用の一例としてですが、トップページが100,000円、中ページはデザイン作成を行いJPG確認があるページで10,000円、ないページは5,000円くらいが大体の相場になってきます。

ウェブデザイナーの人件費としては、大体1日当たり、40,000円くらいが多くあるので、コストを抑えたホームページを作成したい場合は、デザインを作成してもらうページを減らしていけば費用を大きく下げることが可能です。

ただし、この作成するページ数については、あまりに少ないと、完成したときにイメージと違うという問題があるので、トップページと後1ページは作成してもらうようにしましょう。

ウェブコーダー

ウェブコーダー

ウェブコーダーは、デザイナーが作成したデザインを基に、ホームページ化を行うコーディングと言われる作業をしております。

このウェブコーダーの作業では、どんなに頑張っても1ページあたり3ページが限界になっていて、これが限界地であると理解をしていただく必要があります。

そして非常にスムーズにただ御社のコーディングだけをしているのであれば、20ページのホームページで、7営業日+トップページの5営業日だとすれば、12営業日でホームページが完成します。

しかし実際には、その他の案件やトイレ、休憩、そして複雑な場合は検討時間があるので、大体2倍くらいの24営業日すなわち1ヶ月くらいの期間を見て頂いております。

日給としては、デザイナーよりは少し安く30,000円になりますが、1ページのホームページ作成を行うということは非常にレアなケースですし、さらにランディングページは縦に長いので、もう少し費用が掛かってきます。

これらを指標にホームページ制作料金を考える

ホームページ制作費用を考えよう

上記を参考にホームページ制作料金を考えれば、ホームページ制作会社が正当な費用で提出していることをご理解いただけると思います。

従来は根切が多かったり、格安のホームページ制作会社も多かったのですが、現在は正確な時間からの費用になっているので、そこまで高いと言われることも無くなりました。

基本的にはホームページ制作料金は、人件費になってくるので、もし高いと思われる場合は、その作業時間を減らすことを考えて頂ければ正確な費用を出すことが可能なのです。

これからホームページ制作を行われる方の参考になりましたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る