web制作

ホームページ作成の労力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ホームページ作成の労力

ホームページ作成の労力は非常に大きいものになっています。

ホームページ作成の労力については、こちらは当然ですがホームページ作成会社だけではなく、お客さまにもかなりの労力が必要になり、通常のホームページ作成においてもそれぞれのページの原稿を作成することや、デザインのチェックが必要になり、さらに成果を出すとなると相当量のページ作成が必要になってきます。

そのため、ホームページ作成の労力については膨大なものであると考える必要があり、もちろん成果がいらなければその労力は1/3以上削減できます。

そこで今回はホームページ作成の労力についてご紹介をいたします。

ホームページ作成の労力

ホームページ作成の労力は膨大

まずホームページ作成の労力は膨大です。

この労力について検討したときに、稀にいらっしゃりますが、自社はお金を出してホームページを作成したのだから労力は不要と考えるかたがいらっしゃります。

これは本当に大きな問題で、極端な例ですが、大企業などは莫大な予算をかけてホームページを制作して、そしてホームページ運営者を大量に雇用して、その後運営をしっかりと行って成果を出しているのですが、言い方は悪いですが、御社が大企業の半分以下の予算でホームページを制作して、運営をしなければ当然検索順位を上げることやソーシャルメディアからの集客が行えることがないのです。

そしてホームページの成果を考えた場合に、集客こそがホームページの成果の7割程度を占めていると思って良く、この集客対策をしっかりと行って初めてホームページ作成は御社の期待を超えるようになるのです。

このホームページの集客については弊社は集客に強いホームページ作成会社を行っており、しっかりと戦略建てて実施をしているのですが、どうしてもお客さまの努力が必要になっており、これらを徹底して行っていただくことで、ホームページ作成は成功するのです。

そのため、もちろんホームページ作成会社の労力もありますが、結果を出すのはお客さまのホームページ運営になっていて、弊社ではホームページを運営代行するということはあまりしておりませんが、しかしすべての会社さまに対してホームページ運営をサポートしておりますので、確かに相当な労力が必要ですが、しかし努力をしていただければ100%成果を出すことができております。

ホームページ作成会社の努力

ホームページ作成会社の努力

まずホームページ作成会社はかなりの労力を使ってホームページを作成しております。

基本的には成果の出るホームページ作成と成果を求められないホームページ作成ではその労力は劇的に変わっております。

どういうことかと言うと、ホームページ作成において大切なのは、基本的にはホームページ運営になっており、もちろんこの運営を効率化するために、非常にさまざまな仕掛けというか、グーグルの認識力を高めるホームページを作成しているのです。

そしてこれらを徹底することで、ホームページ作成は本当に効果を生み出すものになっていて、しっかりとホームページ運営を行うことで御社のホームページ作成は成功するのです。

そしてこの成功するホームページ作成においては、お客さまに膨大な労力を課すことが求められていて、ホームページ作成会社がグーグル対策を行ったうえでお客さまにホームページ運営を行っていただくことで成果を出せるようになります。

基本的にはグーグルなどの検索エンジンについては、ライバルが存在するものになっていて、このライバルが強いためにグーグルからの訪問者を集客できていないのです。

そしてこのライバルに勝つために、行うことをしっかりと数値化し、その数値をクリアーしていくことこそが、本当に成果の出るホームページ作成であると思っております。

そしてホームページ作成会社は、この数値が上回っていなくても、成果が出せるようにホームページ作成を行っており、これらを徹底することで、ホームページは成功するのです。

お客さまの努力

お客さまの努力

実際に弊社のホームページでは大半の主要なキーワードで上位表示を実現しているのですが、その際に相当なホームページ運営努力をいたしました。

こればかりはどうしようもないものになっていて、SEOの分析を行いその分析結果を用いて、ホームページ運営をしているのですが、もちろん目標数値以下でこの結果を得ているのですが、しかし相当量の努力はいたしました。

例えばページ数が大幅にライバルに負けているのに、ライバルよりも詳しいホームページだからライバルよりも上に来て当然だというのはまずありません。

グーグルは基本的には、検索結果ページについては、最も詳しいホームページを上位表示させようとしているのですが、この評価についてはグーグル自身が言うように完璧な検索エンジンではないので、ページ数が指標の一つになっているのです。

そしてそれを理解してライバルよりも多くのページ数にすることが大切になるのですが、しかしライバルも当然ページ数が多いほうがSEOに効果的であると認識しているので膨大な量のページ数が存在してきます。

そしてこのページ数に勝っていくことが御社の努力になっており、先行者利益は言い過ぎですが、ページ作成はそれなりの時間がかかるものになるので、遅くなればなるほど、その作成ページ数は膨れ上がっていくのです。

現在弊社がホームページ作成の提案をすると、大体ですが、200ページ程度のホームページが必要になっており、この200を目標に最低でも100ページと言う労力を課してお客さまにホームページ運営を行っていただいております。

この200ページの作成(数値はアバウト)がお客さまの労力になっており、もちろん200ページ作成しても成果が出ないこともあるのですが、その場合は別の方法があるので、そちらの努力を行っていただくことになります。

これらを徹底して行っているホームページは100%成功しており、非常に多くの検索からの訪問者を集客しているので、本当に成果を出せるようになっているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る