web制作

ホームページの成約率って高めたほうが良いの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ホームページ制作の成約率を高める

ホームページは集客と成約で成功するのですが、この成約の話をしていると、成約率って高めないといけないのとご質問をいただきます。

確かに、ホームページの成果で言うならばある程度の集客力があれば一定以上のお問い合わせ数が獲得できます。

ただしだからと言って満足をするとお問い合わせ数を増やすことができなくなり、お問い合わせ数をどんどん増やすためには、成約率を高める必要があるのです。

そこで今回はホームページの成約率をなぜ高めなくてはならないのか、そして高めるための対策はどうすれば良いのかについてご紹介をいたします。

ホームページ制作の成約率

成約率とは

成約率の高いホームページ制作を売りとして弊社ではホームページ制作サービスを提供しております。

この成約率について大切なのは、基本的に成約率を意識するのが、ある程度集客で成功してからでいいという点になることになっていて、まったく集客ができていないホームページの場合、そもそも母数が少なすぎてそのデータが正確であると考えるのができなくなってしまうのです。

そして、この成約率の対策については、実は相当面倒な作業になっていて、基本的には、グーグルアナリティクスを利用して、ホームページが抱える問題点を数値データとして把握するのですが、その問題ページをどのように改善していくかはデータを見て仮説を立てて対策していかなくてはならないのです。

そのため、1度の更新でデータが劇的に改善される例もあれば、何度か修正して初めて数値が改善される例もあり、一概にこの対策をすればいいというものではないということを理解する必要があります。

そして、これらを考えたときに、より正確なデータを使ったほうが1度で改善されることがあるので、良いと言え、そのためにはある程度の集客対策をしてから行ったほうが良いものになります。

SEOなどの集客対策が難しい

SEOで上げ続けるのは難しい

この成約対策については、基本的には、ホームページの集客対策はSEOかソーシャルメディアの利用が一般的なのですが、これらを成約対策の前にある程度成果を出すことは比較的簡単ですが、ある一定以上の訪問者数を集めたあとに、さらに増やすというのは本当に大変な労力がかかります。

具体的には例えばですが、5000人の訪問者を集めるホームページがあるときに、お問い合わせ数が5本だとします。

成約率としては、5÷5000になるので、0.1%になるのですが、このお問い合わせ数を50本に増やそうとすると、単純に10倍の訪問者数を集めればいいということになり、その数は50,000人になります。

SEO対策で5万人も見込み顧客を増やすのは本当に大変なものになっていて、実際にもちろん狙うキーワードによっても異なりますが、5万人もの訪問者数の増加(正確には4万5千)となると、大体は年単位の対策が必要になると言っても過言ではありません。

そこで検討するのが実は成約対策になっていて、現状で成約率が0.1%になりますが、お問い合わせ数の目標が50本としたときに0.2%に増やすだけで、25000人の訪問者の集客で十分対応ができるものになっています。

このように集客が終わった後のフェーズでお問い合わせ率を高めることは本当に大切になっていて、とにかく集客対策ばかりを行うよりもこの成約対策も合わせて行うことで、希望のお問い合わせ数まで一気に向上させることが可能なのです。

このようにホームページの目的は別にユーザを集めることではなく、お問い合わせ数などを増やすことになるので、しっかりと行うことで、御社のホームページの成果は飛躍的に高まります。

成約率対策は難しい

成約率対策が難しい

そしてこのホームページの成約率を考えることが大切だとご説明したうえでもう一つ理解していただきたいのが、ホームページの成約率対策は難しいものになっているということです。

基本的には一度の対策で数値が劇的に改善されることもありますが、しかし、1度では改善されないことも多くあります。

そしてこの改善については、基本的には毎月継続して行うことが大切になっていて、改善をするとして効果を見てみる、上がっていれば別のページの対策を、上がっていなければ次の次くらいにもう一度そのページの改善を行うようにすることで、本当に効果的なホームページ制作へと少しずつ改善されるのです。

ただ、やはりクライアント様の立場になった時には、アクセス解析のデータ活用でお金がかかり、そして改善費でお金がかかるのですが、そこからさらに成果が出るかどうかは分からないとなると、非常に選択が難しいものになっています。

しかしホームページの成約率を改善しなければホームページが期待以上に成果を出せることはないので、しっかりとそれらを踏まえたうえで対策を行うことが重要です。

また、基本的にはアクセス解析を使っていれば、取り敢えず今回は効果がないということは確かにありますが、しかし2回目、3回目と改善を繰り返していれば、必ず成果を出せるものになっています。

そのため、このアクセス解析までを見てくれるホームページ制作会社に依頼することで、御社のホームページは飛躍的にその効果が高まります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る