web制作

少し面倒だけどSEOに特化したweb制作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
SEOに強いweb制作

少し面倒ですが、SEOに特化したweb制作法をご紹介いたします。

この行い方は弊社では推奨していないやり方で、弊社もSEOに特化したweb制作を提供はしておりますが、この行い方は、少しだけグレーゾーンの対策になっております。

そこで今回はこのグレーゾーンのSEO対策に特化したweb制作についてご紹介をいたします。

弊社のSEOに強いweb制作

我々のSEOに強いweb制作

まず弊社は、大阪でSEOに強いweb制作を行っております。

弊社のSEOに強いweb制作は基本的には不正行為は一切なく、ホワイトハットと言われるグーグル推奨のSEO対策に強いweb制作を行っております。

このホワイトハットのSEOに強いweb制作は、本当にお客さまに多くの労力を強いるものになっており、実際にweb制作が完了した後から膨大な量のweb運営が始まります。

その理由は基本的には弊社においては、グーグル曰く「ユーザの検索キーワードに対して最も詳しいwebを上位表示させる」という点があり、これらを行うためには、上位表示しているwebサイトよりも充実した情報量にしなくてはならないのです。

これはSEOが、ライバルサイトとの競争であることを意味しているのですが、基本的には情報量の充実か被リンク数が多く人気のあるwebにする必要があるのです。

そして最近のSEOで言えば、実はページ数が多いことの方が効果的なように思われるので、基本的にはページ作成を行いより詳しいwebとして、そしてさらには定期的に被リンクを獲得することで本当に成果の出るSEOに強いweb制作となります。

ただし、その際に1点だけ注意点があり、その注意点とは、web制作会社は何も行わないわけではなく、基本的には正しい文法で作成したページを正確にグーグルに伝えること、さらには作成したページをすぐにインデックスしてもらえるようにwebを制作することになります。

これが弊社が行うSEOに強いweb制作になり、この対策法で多くの企業さまのwebをSEOで成功させております。

少しブラックなSEOに強いweb制作

少しブラックよりのSEOに強いweb制作

では次に、少しブラックなSEOに強いweb制作についてご紹介をいたします。

この方法は、基本的には成功するための対策として効果的であると思われますが、しかし実際に試したことがないので、行ってみてSEO効果が落ちる可能性もありますし、さらには弊社の考え方では少し非効率かなと思います。

その行い方とは、基本的にはSEO対策はURLで把握しているのですが、このURLの把握を利用してwebの運営を行う対策になっております。

どういうことかというと基本的には、この対策法においては、まず少な目のテキストでページを作成いたします。

そしてこの少な目のページとなった時に実はグーグルはそのページは意味がないと認識することが多くあるのですが、

そしてここであるSEO会社様が言うには、もし評価が0のページがある場合は、その0のページを削除してまったく同じ原稿と画像でURLだけを変更してページを作成することで、正しく認識してくれる可能性があるというのです。

このやり方はブラックではないにしてもおそらくいたちごっこではないかと思っておりましたが、しかし実際にこれらをお客さまに提案していて特にクレームなどもないとおっしゃっていたのでもしかしたら効果的ではないかと思っております。

ただ再々になりますが、弊社としては、やはり原稿を変えなければあまり意味がないと思っていることや、一時的に認識されたとしても、おそらく時間が経てば評価が下がるのではないかとも思っており、この対策を行うかどうかはお客さま次第になっております。

基本はホワイトなSEOを

ホワイトなSEO

そして今回ご紹介した対策は、ホワイトとグレーの間くらいの対策であると思います。

ただ、実際に効果があるとおっしゃっていたので、もし本当に永続的に効果があるのであれば弊社もぜひともお客さまに提案したい内容になっており、これらが効果を出すのであれば、お客さまの作業負担も大幅に削減することが可能になるのです。

そしてこれらを行うことは、本当に簡単で短時間で行うことが可能ですので、お客さまがさらなるSEO作業を行う時間を取ることが可能になります。

SEO対策に強いweb制作を行っていて弊社のやり方は、本当にホワイトですが相当量の努力を強いるものですので、少しでも楽にweb運営を行っていただく必要があると思います。

そのため、これらの対策法があると知っていただくことが大切で、その上で行うか行わないかは、お客様判断で良いと思われます。

ただ、これを行ったからと言って、検索順位が落ちるということはないですが、しかし弊社が考えるに鼬ごっこになるだけであり、例えばURLを変えたときは一瞬効果が出たとしてもそのページの内容が質が低いとまた判断されて評価対象から外れることがあるのではないかと思います。

そのため、基本的には評価対象から外れたページについてはしっかりとページをリライトして、そして発リンク、被リンクを行う、さらには画像を掲載することで御社のwebは本当に成果を出せるようになるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る